着物はマナーを正しく覚えて美しく着こなそう

知れば得する着物のマナー

着物を着るときは洋服を着る場合とはちがったきまりごとがあります。
たとえば基本的なことですが、既婚の女性が振袖を着ることはありません。
また季節やシーンにあわせたものを選ぶ必要があります。
普段着なら何を着ても自由ですが、あらたまったときにはそれなりの着物を着なければいけません。
大抵の人は和服はあらたまったときにだけ着るかもしれません。
たとえば結婚式やパーティーには訪問着と呼ばれる着物を着ます。
和服専門店で相談すれば親切に教えてくれます。
また着物を着たときはマナーに気をつける必要があります。
洋服を着ているときと同じように振舞うなら、せっかくの着物が台無しになりかねません。
たとえば道を歩くときには、内股気味にして小幅で歩くようにしましょう。
基本的は静かに歩くことです。
もちろん姿勢はまっすぐします。
頭のてっぺんを上から引っ張られるようなイメージで歩きましょう。
また椅子に座るときは椅子の前の方に腰掛けます。
背もたれにもたれるなら帯がつぶれますし、見た目もよくありません。
椅子の背もたれに背中をつけないことにより、背筋をまっすぐに保つことができます。
だれかが見ていると思うなら姿勢は自然と良くなります。
車に乗るときは、いつものように、足を上げて車内に入ろうとしてはいけません。
まずお尻から車のシートに乗せます。
袖をたたむようにしてもちながら、足を入れるようにします。
このようにマナーとされているものはたくさんあります。
和服生活の人がすべて、そうしているというわけではありません。
着物は洋服を着ているときとは体の動かし方がちがいます。
着物を汚さないようにする、上品を心がけるなら、それほど神経質になる必要はありません。
ポイントは静かに、優雅になるようにこころがけることです。
美しく着付けしてもらったはずですから、それが崩れないようにしましょう。
体が着物に馴染んでいるなら、自然に品のある振る舞いができるようになります。
昔の人は毎日着て、家事や畑仕事さえ行っていました。
慣れるならそれほど自由に動くことができたのです。
ふだんほとんど着ないと、窮屈に感じるかもしれません。
でもその動きこそが、日本女性を美しく見せてくれるのです。
着る回数が多くのなればなるほど、窮屈に感じることはありません。
むしろ着ている方が凛として気持ちがひきしまって心地よく感じるようになります。
そうなると美しいマナーが自然と身につきます。

そんな着物ですが近年は着物買取がブームになっていることをご存知でしょうか。
外国人旅行者などを中心に着物の需要は高まっていますが、いかんせんお値段が高く、なかなか手に出来ない物。
その為中古で着物を購入する方が増えており、着物買取の値段も高まっています。
もしタンスで眠っている着物があれば一度検討されてはいかがでしょうか。